初心者向け、簡単なTera Termマクロを書く方法

はじめから難しいマクロを書く必要はまったくありません。まずは簡単なものから始めて、徐々にレベルを上げていきましょう。

スポンサーリンク

Tera Termマクロのファイル名

ファイル名何でも良いのですが、日本語ファイル名は稀に実行時エラーになる事があるので、英語のファイル名にする事をオススメします。

拡張子は「.ttl」にしてください。

hello!TeraTermマクロ

プログラミング学習の定石として、まずは以下のような内容のファイルを作成してみましょう。notepadでもお気に入りのエディタでも何でも構いません。ファイル名は「hello.ttl」とします。これ1行でも立派なマクロです。

拡張子が「.txt」ではこの後上手く動かないので注意してください。拡張子は「.ttl」です。

実行してみる

さきほど作成したhello.ttlをダブルクリックしてみてください。どうですか?hello world!と書かれた小さなウィンドウが表示されましたか?このTeraTermマクロはmessageboxというTTLコマンドによってウィンドウを表示させています。では、一体TTLコマンドとは何でしょうか。

TTLコマンドを知る

Tera TermマクロはTTLコマンドという組み込みのコマンドで命令文を書きます。このコマンドを使用する事によって、ネットワークへ接続したりファイルを開くなど様々な事が出来るようになります。TTLコマンドについての解説は、Tera Termがインストールされているフォルダにある”teratermj.chm”というファイルに詳細が書かれています。

TTLコマンドの多くは引数をとる事ができます。引数というのは、TTLコマンドへ渡す情報です。さきほどのmessageboxを例にすると、最初の引数が「’hello world!’」で次の引数が「’hello title!’」です。引数を文字列として渡す場合は「’(シングルクォート)」か「”(ダブルクォート)」で文頭と文末をくくります。

TereTermマクロの決まりごと

命令文は1行ずつ書きます。途中で改行することはできません。また、大文字と小文字も区別されるので正しいTTLコマンドを書く必要があります。

スポンサーリンク