Tera Termマクロ実行時のエラーを見つけて対処する方法

Tera Termマクロを確実に動作させるためには、エラー処理は必須です。

エラー処理を徹底させる事によって、実はログファイルのオープンに失敗していた、といった事を避ける事ができるようになります。

スポンサーリンク

エラー処理とは

処理というのは、TTLコマンドを実行した際の結果を確認して対処する事です。たとえばTeraTerm 4.62以降でlogopenを実行すると、ログファイルを開く事ができたらシステム変数resultに0が入り、失敗すると1が入ります。

エラーが発生した場合の処理は、messageboxでエラーを通知して終了したり、もう一度ファイルを開いてみたり、別のファイルを開いてみる、など様々です。

自分が使うTTLコマンドの戻り値を知る

TTLコマンドを使用する場合は、そのTTLコマンドがどのような戻り値をresultに設定するのかきちんと理解する必要があります。

それを知るにはTera Termヘルプを参照するしかありません。

場合によっては戻り値がないかも知れませんが、次のバージョンでは戻り値が設定されるようになっているかも知れません。

スポンサーリンク