Tera Term 4.103リリース

2019年6月15日にTera Term 4.103がリリースされました。以下のリンクからダウンロードできます。

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。
スポンサーリンク

TeraTerm

2019.06.15 (Ver 4.103)

  • 変更
    • 試験的に高DPI対応した。
      • デフォルトはdisable。teraterm.iniの[Tera Term]セクションにDPIAware=onとすると有効となる。
      • Windows 10 Version 1703以降のみ有効。
    • フォントサブメニューを追加し、ダイアログのフォントも設定できるようにした。
      • ダイアログフォントのデフォルトは従来と同じフォントとなる。
    • TEK ウィンドウのポップアップメニューが正しく表示されない問題を修正した。
    • 罫線を表示するためのフォントファイル(TSPECIAL1.TTF)がインストールされていない場合、ttermpro.exeと同一フォルダから読み込むようにした。
    • Kermit プロトコルでのファイル送信時、ファイル作成日時ではなく更新日時を通知するようにした。
    • MACRO: exec マクロコマンドの実行結果を result システム変数に代入するようにした。
  • バグ修正
    • IMEの変換候補ウィンドウの表示位置がカーソル位置に追従しない問題を修正した。4.102でのエンバグ。
    • U+2014 EM DASH, U+2212 MINUS SIGN, U+301C WAVE DASH 等の文字が表示できない問題を修正した。4.102でのエンバグ。
    • MACRO: exec マクロコマンドを実行するとハンドルリークが発生する問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.89)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.9.2へ差し替えた。

TTSSH

2019.06.15 (Ver 2.89)

  • 変更
    • デフォルトのユーザ名に Windows のログオンユーザ名を設定できるようにした。
      • teraterm.ini に DefaultUserType エントリを追加した。デフォルトは 1。(指定したデフォルトユーザ名を使う)
    • 認証ダイアログのパスフレーズ入力欄で制御文字を使用するかどうか選択できるようにした。
  • バグ修正
    • 設定の保存時、CipherOrder, MacOrder 設定にゴミが付加される問題を修正した。
    • サーバの認証情報メッセージで echo フラグが 1 の時にもキーボードインタラクティブ認証ダイアログでパスワードがマスクされる問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2sへ差し替えた。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク