Tera Term 4.102リリース

2019年2月28日にTera Term 4.102がリリースされました。以下のリンクからダウンロードできます。

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。
スポンサーリンク

Tera Term

2019.02.28 (Ver 4.102)

  • 変更
    • VT ウィンドウの透過設定を、アクティブ/非アクティブ時の各々で別の値を設定できるようにした。
    • VT ウィンドウのタイトルバー上でマウスホイールを操作することで、ウィンドウの透過値を一時的に変更できるようにした。
    • VT ウィンドウの内部処理を高速化した。
    • UTF-8 で 4 バイトになる文字を(表示できないが)正しくデコードするようにし、文字化けする範囲が最小限になるようにした。
    • “Terminal setup[端末の設定]” ダイアログの言語コード(CodePage)設定を削除した。(Unicode設定)
    • マクロファイルのエンコーディングとして UTF-8, UTF-16(with BOM)に対応した。
    • getfileattr マクロコマンドで、他のコマンドと同様にカレントフォルダを基準とするようにした。
    • fileopen マクロコマンドで、読み取り専用モード時にファイルがない場合はエラーとなるようにした。
  • バグ修正
    • ウィンドウの透過設定が有効だと Windows 10 で落ちる問題に対応した。
  • その他
    • TTSSH(2.88)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.9.1へ差し替えた。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク