Tera Term 4.100リリース

2018年8月31日にTera Term 4.100がリリースされました。以下のリンクからダウンロードできます。

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。
スポンサーリンク

TeraTerm

2018.08.31 (Ver 4.100)

  • 変更
    • 複数ファイルのドラッグ&ドロップに対応した。
    • ファイルをドラッグ&ドロップしたときに表示されるダイアログを機能強化した。
    • Term size = win size 設定が on の場合は、タイトルバーをダブルクリックした時にウィンドウサイズを最大化するように変更した。
    • Additional settingsダイアログの General タブにタイトル形式の設定を追加した。
  • その他
    • TTSSH(2.86)へ差し替えた。
    • TTXResizeMenu Plugin(1.04)へ差し替えた。

TTSSH

2018.08.31 (Ver 2.86)

  • バグ修正
    • コネクションの切断後、SSH Forwarding ダイアログで間違った設定が表示される問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2pへ差し替えた。

TTXResizeMenu

2018.08.31 (Ver 1.04)

  • Windows 95/NT4.0 で TTXResizeMenu が読み込まれない問題を修正した。
  • Windows 95/98/Me/NT4.0 でメニューに TTXResizeMenu が表示されない問題を修正した。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク