Tera Termマクロ一覧

strftimeフォーマット チートシート

strftimeフォーマットのメモです。Tera Termマクロのgettimeコマンドや、ログを取得するときのファイル名に指定する事ができます。 フォーマットの説明 フォーマット 説明 出力例 備考 &h ホスト名。...

BashからTera Termマクロを実行する

Bash on Ubuntu on Windowsにより、Windowsでもネイティブ環境でbashを使えるようになりました。 今後、シェルスクリプトでTera Termマクロを実行させる機会が増えるのでは?と思っています。 Bash on Ubunt...

Tera Termのバージョン、気にしていますか?

業務で使う端末やサーバーの場合、Tera Termのバージョンに縛られる事があります。たとえば作業端末にインストールされているTera Termのバージョンが決められていて、自分の権限でバージョンアップする事が許されない、という事はよくあります。 そうい...

リモートホストからホスト名を取得する方法

リモートホスト名が必要となる場面は多くないかと想いますが、IPアドレスで接続したり接続時に使用するホスト名と機器に設定しているホスト名が異なる場合を想定すると、自動的にリモートホスト名を取得するメリットを感じる場面もあるかと思います。 ホスト名を得る方法 ...

ファイルの存在を確認する方法

Tera Termマクロで用意されているfilesearchコマンドはファイルが存在するとシステム変数resultに1を格納しますが、困ったことにそれがディレクトリであっても同じくシステム変数resultに1を格納します。 foldersearchと組み...

if文でバグを仕込まないための注意点

今回はTeraTermマクロの仕様上回避のしようがないので、コーディングする側が気をつけましょう、という話です。 追記(2016年3月5日) 2016年3月5日リリースされたTera Term 4.90で仕様が変更されたため、4.90以降はこの...

自分の端末のIPアドレスを取得する方法

TeraTermマクロを実行している端末のIPアドレスを取得する方法と活用方法について紹介します。端末のIPアドレスが必要な場合、IPアドレスをTeraTermマクロへハードコーディングするよりも自動的に取得させる方が、より汎用性を高める事ができるようになりま...

Tera Termマクロで正規表現を使う方法

TeraTermマクロはwaitregexなどいくつかのTTLコマンドで正規表現を使う事ができます。正規表現を使う事により、より柔軟なマクロを書く事ができるようになります。 正規表現とは 正規表現とは文字列の集合をひとつの文字列で表現するものです。たとえば...

Tera Termマクロでincludeを使うときの注意点

TeraTermマクロのincludeコマンドをPHPのincludeと同じような感覚で使うと上手く動きません。 まずは次のマクロを見てください。 上のマクロをmain.ttl、下のマクロをsub.ttlというファイル名で保存しています。確かめ...

スポンサーリンク